喉が渇くと飲むのは冷蔵庫の清涼飲料水でした。
炭酸飲料が好きで、1.5リットルのペットボトルが3種類あり、中から選んで飲んでいました。
しかし試用期間は無料のウォーターサーバを試しに設置して飲み始めると、水に自然と手が伸びるようになりました。
正直、私にとって「美味しい!」という程のものではありませんでした。
「水道水を飲むよりはずっといい」という認識で、それは今も変わっていません。
ですが、水を飲み始めると、炭酸飲料を好んで飲むことはなくなりました。
美味しいことは確かです。
しかし、水があると習慣だけで飲んでいたことが分かったのです。
「水道水よりもいいから、飲んでいた」
ただそれだけだったのです。
そして、炭酸飲料はまったく買わなくなりました。
自宅用のものだけでなく、外出時も同じです。
ウォーターサーバーの水をペットボトルに入れて持ち歩くようにしています。
これは、家計的にも助かっています。
このような利点だけではありません。
摂取糖分が少なくなり健康的になるのです。
合成甘味料が入った炭酸飲料も飲んでいましたが、カロリーを控えることで健康にはなりませんでした。
しかし、ウォーターサーバーの水を飲み初めと、体調が良くなるのです。
まず健康診断で結果が良くなりました。
血圧の改善があり、水を飲む前は高かったのですが、上も下も徐々に正常値に近づいていきました。
空腹時の血中糖分も、中性脂肪値も、肝機能障害をあらわす数値も全て下がりました。
それが理由でしょうか、水を多く飲むようになったのに体重の減少しています。
また、酒は一滴も飲まないのに、常に赤ら顔でしたが今は元に戻っています。
習慣で飲んでいた炭酸飲料を止めただけでこれだけのメリットです。
しかしなにより一番良かった点は、活力が戻ったことです。
体にダルさが常にあったが、今では嘘のようです。
今50歳ですが、まるで30歳頃の体調です。