夏のこの季節ほど、ウォーターサーバーのありがたみを感じることはありません。
設置するに当たっては、美味しい水である事はもちろんの事、安全、安心できるお水である事を重要視し、そうする事にしました。
長男であるため、実家に両親と住んでいるのですが、今年出産を予定していた妹が、出産の準備の為に帰省していた時も、ウォーターサーバーを用意しておいて良かったと思いました。
水道水のケチを付けるわけではありませんが、より安心できる、より安全である事を考えますと、ウォーターサーバーを利用しようという結論に至ったのです。
出産前の妹にとっても、安心して水分を補給できましたし、調理に必要な水もこれを使うことで、更に安心してたくさん食べさせる事もできました。
また出産後、しばらく家に居る間も、母乳があまり出なかった妹にとって、そして何より生まれてきた姪っ子にとっても、美味しいミルク、安全なミルクを提供できると言うことで、大活躍してくれました。
これを設置する前は、定期的にペットボトルのお水を買いに行っていたのですが、まとめ買いをするともなると、結構な寮となるばかりか、かなりの重さとなるので、荷物持ちの役目を担う私は、いつも苦労していました。
しかし設置後は、その負担が取り除かれたのです。
定期的に配達される為、常に新しい水を使えますし、先ほど挙げたような労力やこれに掛かる費用などを総合して考えた場合も、設置して良かったと思えました。