僕は最近水が人間に影響を与える力は本当に大きいものだと、
よく思います。
特に飲料水に変えてたらそのように感じるようになりました。
人間の体の半分以上が水分で出来ています。
やはり自分の体の中をめぐる水は上質のものであることが需要であると、ウォーターサーバーを使い始めてから特にそのように思うようになりました。
最近のウォーターサーバーの面白いところは、
天然水を飲むにあたってどの産地の物を購入するのかという、
選択権が消費者にあるところだと思います。
一口に天然水といっても、
硬水と軟水あるいは海外の水なのかそれとも国内のものなのか、
そういうふうな違いがあります。
僕はやはり海外の水よりも日本の物を好んで飲んでいるのです。
体にあっている気がするからです。
僕の母親は料理が趣味の一つなのですが、
我が家にウォーターサーバーが導入されてからというものの、
特に料理に使う水を気にするようになりました。
母の料理のクオリティも上がって毎日おいしい料理を頂いているので、
やはり水の力はすごいものだなと考えさせられます。
あと父親が非常によく缶コーヒーを飲むのですが、
ウォーターサーバーを使いだしてからその数も減ったように思います。
綺麗な水で淹れた緑茶の魅力に気づいたそうです。
缶コーヒーばかり飲んでいては、
糖分過多になって健康を害するのは目に見えているので、
父の健康状態も少しは改善されているのかなと嬉しく思います。
朝早くに起きて、今まで僕もよくインスタントコーヒーを淹れていたのですが、
そうではなくて、最近はウォーターサーバーからの水を白湯にして飲んています。
インドのアーユルベーダに出てくるやり方で、換気扇を回しながらガスコンロで水を沸かすのです。
シンプルですがパワフルな浄化作用があるので気に入っています。
新鮮な水を使うという事が、自分の体や心に及ぼす影響は本当に大きいと思います。
例えば、内蔵を綺麗にするという事を心がけるということ。
新鮮な水で内蔵を掃除するという姿勢で水を飲んでみる。
そうすれば常に新鮮な毎日を送れる事は確かなようです。