とても便利で利用している人も増えているウォーターサーバーが気になっていませんか。
おいしい水を手軽に飲むことができますし、自分のためにも、家族のためにも利用してみたいって思うでしょう。
しかし、どんなに良い商品であったとしても、いつでも冷たい水や熱湯が出てくるということで、かなり電気代がかかってしまうんじゃないかって思いませんか。
興味はあるけれど、あまりにも電気代が高くなってしまうということでは契約は難しいって思うでしょう。
各社によって月々の電気代には多少差があります。
だいたい1000円くらいのところが多いようです。
これくらいなら大丈夫だって思った人も多いのではないでしょうか。
中には、もっと電気代を節約することはできないんだろうかって思った人もいるでしょう。
相場は1000円くらいなのですが、もっと電気代が安く済む会社もあります。
中には、かなり安く済ませることができる会社もありますので、調べておいたほうがよさそうです。
また、ウォーターサーバーの設定温度を変えることで月々の電気代を節約するという方法もあります。
冷たい水や熱湯がすぐに出てくるわけですが、その温度は固定されてしまっていて、変えられないというわけではありません。
自分で設定温度を変えることができるんです。
この設定温度を変えれば、もっと電気代が節約できます。
冷水の設定温度は高めにして、熱湯の設定温度は低めに設定すればいいんです。
温度の設定を変えると、かなりの節電につながります。
たったこれだけのことで、20%以上節電することだってできるでしょう。
季節によっても設定温度を変えてみてください。
夏は冷水の設定温度は低く設定するけれど、熱湯はかなり低めに設定しておくというような感じです。
冷蔵庫の設定温度を季節によって変えるのと同じようにウォーターサーバーでもやってみるといいでしょう。
工夫次第で電気代をもっと節約することだってできてしまいます。